驚愕!

今夜のクローズアップ現代、個人の精子提供・その実態
窓ガラスを爪でビーっと引っ掻いたぐらいゾッとするほど
「あー ヤダ!」と、驚愕しました。
男性が自分の精子を未婚女性に提供をするというもの。
多くの問題をはらんでいるし、感染症や人としてこんなことをやっていいのか?!
倫理性も問題になると思いました。
未婚女性が不妊で悩む気持ちは解りますが、じゃぁ・・生まれてきた子供が
父親が誰であるか?!
そういった事をどう説明していくのでしょうか?
衛生的にも女性自らが注射器で精子を体内に入れるなんて、衝撃が走りました。
見ず知らずの男性との子供であっても授かればただ嬉しいだなんて・・・・
アメリカのほうでは一人の男性が40人以上に提供したという実態に
気持ちわるぅーとしか思えませんでした。
日本では今のところ報酬うんぬんが動機ではなく、未婚や不妊で悩んでいる女性の
役に立ちたいといったところだそうですが、子育てもしないお母さんでも
飲んだくれたり女遊びが激しくても子供にとっては世界で一人しかいないのが
お母さん、お父さん。こんな世の中だからDNA鑑定をせざる負えない男性が
増え続けるのでしょう。
焦って結婚して育てられないのに子供が出来てしまっても困りますが、
誰の子供でもいいから子供が欲しい!  純粋な心だと受け止めていいのでしょうか?
d0147812_20405858.jpg

そういえば、もう一つ残っている、あの「偽ベートーベン」問題。
あの国営放送番組でのドキュメンタリーは、涙無くして見れるものではありませんでした。
最初から最後まで息を飲むほど悲痛であり、全く耳が聴こえないというのに
楽譜が頭にしっかり入っていて作曲が出来てしまうなんて?!
不遇な境遇の中でも天才的な作曲者がこの世に存在するんだなぁぁぁ!
と感激で涙流して私は見ていました。
それがどうでしょう?! 全部、嘘だったなんて?!
オリンピックがあったりして時間が経過しましたが、この件については
お茶の間のテレビでまんまと騙されてしまった人々へちゃんと謝罪してもらいたい
と、今日も仕事の帰りの電車の中の週刊誌の広告を見乍ら思いました。
d0147812_2041981.jpg

[PR]
by uran2008 | 2014-02-27 20:40 | 日々の生活 | Comments(0)