ラボラ 花尽くし

<   2014年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

面白猫

公園の木から覗いていた猫と、それにもう一匹加わった猫が
面白かった。
d0147812_2059414.jpg

なんとか木の影にいた猫を撮ったら、速攻で逃げた。
その時、別の猫がフェインスの向こうで目だけ出して見ている姿が
可笑しくて。
「猫の額ほど」のたとえは「狭いとか小さい」が、
猫は脳みそは結構たくさんありそうだ。
目だけ出して様子を窺っている。
警戒心も強い。
d0147812_213302.jpg

木の影にいた猫は居なくなったかと思ったら、フェンスの向こうの猫と2ショット。
そして徐に目だけ出した。
それから顔を出したので、よく見たら
意外と可愛いじゃない?!
[PR]
by uran2008 | 2014-12-31 21:06 | 雑記帳 | Comments(0)

一年の締めくくりはと言うと

土台 住居が狭いと掃除も楽である。
毎日気が付いた時に、チョコチョコまめまめしく汚れを取るようにしていると
自分と家族の動線上の部分はそれほど劣化もしない。
ところが、お風呂場は通気性がかなり悪いため、カビがすぐ目立ってきて
困っている。
東京時代もそうだったけれど、狭い住居のメリットは掃除をする場所が少ない事。
それでも残すはお風呂場だけで、後は完全に大掃除完了!
近くのショッピングモールは年中無休だから、元日に走っていって買いに行けば済む。
慌ただしくしなってきた晦日も終わる。
こんな時は自然の風景を眺めているほうがよっぽどいい。
d0147812_23513031.jpg
d0147812_23514532.jpg

菜の花・・・今日は花屋で100円で売られていました。
どこかの畑から引っこ抜いたのでも売っているんだか。。。。
d0147812_2352689.jpg

万両の赤い実!
真赤。 母の部屋のすぐそばに咲いていた。
暖かい実の色です。
d0147812_2352245.jpg

web制作を2本、楽しみながら作っています。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-30 23:56 | 自然 | Comments(0)

芽吹く年の瀬

蝋梅の花のすぐ近くではもう 桜の木の枝の先端が赤くなっているのに
気が付きました。
蕾とはまだ言えないけれど、桜の中で逸早く咲くのは「河津桜」
きっとそうに違いない。
d0147812_22205127.jpg

明日は晦日だと言うのに、まだまだ仕事の最中であるが、芽吹く兆しに
癒されています。
d0147812_22233192.jpg

戯ればかりの生活は きっとそのうち飽きが来るでしょう。
自然の息吹から心に栄養をもらって「早く仕事、始まらないかなぁ・・・」と、
仕事場の子供たちに思いを馳せております。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-29 22:28 | 自然 | Comments(0)

逸早く 蝋梅(ロウバイ)の花

まさか?!
まだ12月末、年の瀬の慌ただしい中で、蝋梅の花を見ることができるとは
思ってもいませんでした。
d0147812_19451832.jpg

ちぃさくて まだ可愛い豆のような蕾をつけている蝋梅。
至近距離でカメラのレンズが捕えたものは、
確かにあの 蝋細工か陶器を思わせるような 黄色い蝋梅の花でした!
d0147812_19465843.jpg

落葉低木、文字通り 蝋梅の木の下には秋の名残か、
枯葉がたくさん落ちていました。
木の背丈はさほど高くも無く、青空に向かって黄色い蝋細工の表現がふさわしい
可憐な花がいくつも 春を待たずして開いていました。
新年はすぐそこまで来ています。
自然の中で 静かに花の息吹を感じ取った日です。
d0147812_2002161.jpg

「物欲を捨てればうまくいく」 只今読んでいる本。
なるほどね~ なかなか難しいことですが、バングラディッシュで仕事をしている友人から
次年からあのパキスタンの地へ転居するとの便りをいただいた。
パキスタンと言えばマララさんの出身地であり、ここでまた人のためになる
お仕事をしていくという勇気 
井の中の蛙の自分が出来ることを今年はしてきたつもりでも、まだまだ小さい。
何を食べよう 何を着ようかと思い煩わない年を迎えたい。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-28 20:01 | 花々 | Comments(0)

懐かしのシャエイプアート

一頃凝っていたシェイプアート
d0147812_211418100.jpg

d0147812_21145410.jpg

もう こんなエネルギーは無きに等しくなりました。
もう大掃除も済んだし、今年分の私物も整理整頓をして、
着ていない服や着ない服は近くに出来た「リサイクルショップ」へ持って行ったし、
年末年始の買い物もほとんど
ありまへん。。。。。

休みはあっと言う間に終わるから、時間を上手く使わなくてならないなぁと
思っていた矢先、高校時代の友達から、「あのね・・・・ケアマネに合格したんだよ・・」との
便りが届いた。
「えっ---------?!」 とにかく学生時代からの頑張り屋さんだった人で、
最近はM市役所で介護福祉士を生かして事務として勤めていながら
密かにケアマネを目指していたとは?!
「やったね!!すごいよぉ」 快挙。
実は私もある資格を目指していたけど、膨大な勉強量でただいま挫折中。
今の仕事ともリンクしているから少しずつやる気出していきたい。
この間100歳を越していたお年寄りが、超 超難しい漢字を沢山知っていて書けるという
凄いニュースを見ました。
その類まれな記憶力に驚愕しましたが、はじめたのが75歳の時からだそうです。
生涯発達とは言いますが、努力に年は関係ないと思いました。
今日は年内最後の両親のお墓参りをしてきました。
水仙と菊を3束も買って行き、お掃除をして綺麗にしてきました。
帰り道で喫茶店をしている知人に 去年お世話になったご挨拶をしてきました。
これで自分の中でけじめがついて良かったと思っています。
慌ただしさの中、じっくり仕事に集中したいと思う。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-27 21:35 | 雑記帳 | Comments(0)

近間イルミネーション

青の洞窟を見てみたかったのですが、今年も忙しくて時間を
取れませんでした。
中目黒は学生時代にアルバイトをしていた場所。
webで見たら目黒川沿いのあの桜が美しい光の花となって咲いていました。
当地、東京からかなりの遠隔地のため、近間のイルミで済ませております。
d0147812_2185676.jpg

↑ たまたまおひとり様で見に行ったら、素敵なカップルに出会いました
d0147812_2191747.jpg


発光青色ダイオードは凄いことはすごい!!
ノーベル物理学賞を受賞した日本のすごい技術。
IPS細胞はノーベル医学賞・・・・
日本のノーベル賞受賞は沢山ある。
がっ
Stap細胞はなかった。
若返りも夢じゃない。。。。万能細胞  えっ?! なに それ???
老いることが無いって怖くない??返って。 (正気じゃないよ)
やっぱり・・・。
2014年、この1年はこれに振り回されました。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-26 21:26 | 雑記帳 | Comments(0)

クリスマスケーキ

作りはぐったクリスマスケーキを作った。
d0147812_1842244.jpg

クマが目を回しているみたいな顔。
年々 下手になってきています。
が、美味しい。 いつものことながら。
因みに我が娘が作ったクリスマスケーキがこれ
d0147812_19181874.jpg

さすが現役ママ。
イチゴを丸ごと乗せていたけど、半分に切ったりして「ぱーっと」花が
咲いているようにアレンジすることを教えてもらいました。

d0147812_18431780.jpg


ガラス2枚、網戸2枚を磨いてクッタクタ。
今日は川柳を作っていました。
忙しかった今年を振り返って。
早めに大掃除を終わらせて、ゆっくりしたいものです。
明日はお給料日、やったー(^○^)


[PR]
by uran2008 | 2014-12-24 18:48 | 日々の生活 | Comments(0)

年賀状作り 終わったぁぁ

d0147812_21342350.jpg

この曲、やっと今年はピアノで弾けました。
「サンタが街にやってくる ♪」
ですが、サンタさんが自分の家族の人がやってくれるなんて・・・・
いいですね~
最近は結構 やってくれるお父さんも多いようです。
中学ごろまで「サンタさんはいるんだぁ・・」と思ってましたぁ・・・
という人もいるらしい。
d0147812_2142753.jpg

d0147812_21424194.jpg

今日は年賀状作りを終わらせました。
100枚弱だから半日かかってしまいましたが、明日には投函できるので
ほっとしています。
(ケーキも明日、作ります。)
明日からのスケジュール表も完成!!
明日は間仕切りパーテーションが配送され、部屋の大掃除をします。
狭い我が家の寝食分離を実行!!
楽しみです。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-23 21:50 | 日々の生活 | Comments(0)

稲荷君

今年、年明け早々、
うちの事務所のあるビルのゴミ捨て場で厳寒の中、餌を漁っている一匹の茶寅猫を
発見した。
子猫よりは少し大きめの成猫で、茶寅の可愛らしい感じがどうやら
飼い猫だった形跡を持ってお腹を空かしてゴミ置き場で餌を探していた。
最初はビスケットをあげたりして 餌付けをして可愛がろうという気はなかったのだが、
猫は意外と記憶力が良くて、我々がビスケットを与えたりするのを覚えてしまい、
決まった時間にビルの裏に来るようになってしまった。
我々の姿を見つけると「ニャー」と可愛い声を出して足にすり寄ってくることで
どんどん可愛いいからと餌まで上げてしまうようになり、結果的に餌付けをしてしまった。
捨て猫に間違いなく、飼ってあげられないのに餌だけあげて近所に迷惑をかけたり、
保健所に通報されてしまうことを一番危惧していましたが、本当に奇跡的としか言いようがないくらい
我々の気持ちを理解してくれた知り合いの女性が、かわいそうな事になる前に捕獲してくれて、
その方の家で飼ってもらえることが出来ました。
洗浄して予防接種だ去勢だなんだと、親身になってこの猫を家族の一員にしていただいて、
ペット禁止の住いの我々にとって福音としか言いえない出来事でした。
d0147812_21354942.jpg

最初に我々がつけた名前は「ニャンタ」でしたが、里親になってくれた家で新たに「稲荷」
とネーミングされました。
なぜ稲荷君なのか? キツネ目で見た目がキツネみたいだったから・・・と里親さんは
言っていました。
最初の頃は捨てられ、野良猫としての生活でブクブクと太っていましたが、
もらわれてからは体が引き締まり、今では育ちの良さが身体全体に出ているみたいに思われます。
やたらと太っているより、引き締まって顔つきも優しく可愛らしいラブリーさがあります。
この猫は本当に幸運な猫だと思っています。
元々人懐っこかったのですが、実は今の稲荷君がルーツの頃に戻ったのではないでしょうか。
環境次第で全く違った人生が待っていました。
来年はせめて野良猫を見つけてしまわないよう願っています。
心なしか、最近は野良猫が減っているような気もしています。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-22 21:45 | 雑記帳 | Comments(0)

水鳥たちと戯れる

今日の印旛沼は晴れたり曇ったりの天候でも、水の色は澄んでいて
きれいでした。
ここには「オオバン」という水鳥が住んでいて、貸しボートで遊べる沼です。
毎年 この水辺に来ると「オオバン」がいて、「オオバン!オオバン!」と手をたたきながら
呼んでみると 首を出したり引っ込めたりしながら近づいてくるのです。
d0147812_18535279.jpg

ペットショップでよく見かける鳥。 手乗り文鳥をはじめ多様にあるが、
なにせ「チッチピーピー、ガチャガチャ」と煩いペットでしょう。
このオオバンも「クワックワッ!」と甲高い声を上げる時もあるが、
スイスイ自由気ままに泳いでいる様子は可愛いものです。
d0147812_1857542.jpg

冬の水辺は閑散としていますが、寒くても冷たい中でしか生きられぬ生物は
「生」そのものです。

セキレイのこの悠然たる姿
d0147812_18595240.jpg
d0147812_190145.jpg
d0147812_190719.jpg

セキレイはお腹の辺りが綺麗で、長く伸びた尾が小さな体を大きく見せています。
d0147812_1924035.jpg

こんなにセキレイを間近で撮ったのは初めてのことです。
年の瀬の束の間の静寂と、水辺の鳥たちの「生」を満喫した日曜日です。
[PR]
by uran2008 | 2014-12-21 19:05 | 自然 | Comments(0)