ラボラ 花尽くし

<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ハナニラ

少しニラの匂いがします。 だからといって「ニラバナ」ではなく、
ハナニラと言います。
d0147812_2294666.jpg

このハナニラは少し紫がかっていますが、まっ白いハナニラが咲くと、
爽やかな春が来た・・・と嬉しくなります。
まっ白いハナニラはとても、綺麗です。
d0147812_2218257.jpg


午後から雷が鳴って、雨が降り出してきました。
春雷のように、遠くで音がするのが聴こえ、雨がざーっっと降りだすと、
東京での生活の時のことが思い出されてきます。
子育て真っ最中の時の。。。。
うちのスズランは今年も咲いてくれないでしょう。。。。
水やりに励んでも、スズランの芽の周りは深緑色の苔で覆われていています。
すぐ近くにあるスズラン水仙が最近、とみに伸びてきました。
もうすぐ白いパフスリーブに緑の模様をつけて
咲いてお目見えしてくれること、心から待っています。
[PR]
by uran2008 | 2016-02-29 22:17 | 花々 | Comments(0)

佐倉市 河津桜

朝から空には雲一つない すがすがしい日曜日
今年の桜の開花のスタートを切って、河津桜が鮮やかなピンク色で
咲く。
d0147812_14324981.jpg
d0147812_14331532.jpg

老いも若きも、桜が好きで、ここに集まる。
河津桜が広場の周囲を囲むように咲き、その中の芝生では
思い思いの休日を過ごす人々でいっぱい!
d0147812_14451133.jpg

子供は木登りが好きです。 「昇ってもいいから、桜の花に気を付けて・・」と、
下から心配そうに大人たちが見守っています。
d0147812_14372723.jpg

まだまだ満開は来週か再来週でしょう。
d0147812_1438117.jpg

静岡県の河津桜のミニ版を見るようです。
d0147812_14431631.jpg

[PR]
by uran2008 | 2016-02-28 14:49 | 花々 | Comments(0)

ミモザ

黄色くて俗に「ミモザ」と呼ばれる。
d0147812_195811.jpg

葉に刺激を与えると古代ギリシアの身振り劇ミモス"mimos"(マイム、パントマイムの前身)のように動くことからこの名がついた。(Wikipedea より)
花粉の飛来が早くもやってきた、今日この頃です。
たっぷり花粉を含んだ杉の枝を彷彿つさせます。
花を揺らせたらたくさんの花粉が舞い落ちるような・・・・
今を盛りと咲いています。
[PR]
by uran2008 | 2016-02-26 20:01 | 花々 | Comments(0)

京成バラ園のシクラメンコウム

正確には、「シクラメンコウム」と言うそうです。
d0147812_2030297.jpg

シクラメンより少し小さめの花。
とても育てやすいシクラメンコウムだそうです。
d0147812_20315323.jpg

葉っぱは円形が多く、野草の部類に入ります。
d0147812_20333492.jpg

明るい日陰によく咲いています。
d0147812_20344395.jpg

[PR]
by uran2008 | 2016-02-24 20:34 | 花々 | Comments(0)

京成バラ園の河津桜

昨日の雨でしっとりした桜。
少し地面に花弁が落ちているのもまた、風情がありました。
d0147812_15443319.jpg
d0147812_15444088.jpg
d0147812_15444680.jpg
d0147812_15445170.jpg
d0147812_1544577.jpg
d0147812_1545284.jpg

今日はバラ園の奥ほうの林の中に咲く「コウム」が目当てでした。
いい塩梅にちょうど満開でした。
ちょっと早めに出かけて、野草を探しながらいい運動をしてきました。
2月がまだ終わりにならない頃から 桜が見ることができて
ラッキーです。
[PR]
by uran2008 | 2016-02-21 15:47 | 花々 | Comments(0)

佐倉市西志津 多目的広場 かわずざくら sanpo

目まぐるしく開けた、2016年ですが、今年も河津桜が咲き出しました。
静岡県の河津町の早咲きの桜はもう 見ごろを迎えているそうですが、
当方の名所でも引け劣らず、ピンク色のいーい色合いの河津桜が
待ちこがれた目の前に、美しく咲いていました。
d0147812_204491.jpg

d0147812_9205449.jpg

まだまだ2~3分状態ですが、めじろが花弁をついばむ可愛い姿が見られました。
d0147812_206693.jpg

クルクル枝から枝へと飛び渡るその速さに、カメラは追いついていけませんが、
どうにかこうにか逆さまになったウグイスが、ピンクの花から蜜を吸いあげては
お腹いっぱい食べたのか?!
すばやくどこかへ飛んで行ってしまいました。
d0147812_209768.jpg

来週か再来週でしょう! 桜の見ごろは。。。。
d0147812_2011472.jpg

[PR]
by uran2008 | 2016-02-19 20:09 | 花々 | Comments(0)

春一番

朝からそれはそれは台風並みの強い風が吹いた日曜日でした。
2月から3月の半ば、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風
(Wikipediaより)
が、「春一番」だそうです。
2010年頃からの家計簿整理を始めて、確定申告提出で医療費の領収証等を探したりして
なんとか外出をしなくても良い事をやっていた一日でした。
シクラメンでもフリルのような花弁もあったりして、珍しいシクラメンがあります。
d0147812_18465776.jpg

2010~20112年分の大量に貯めてあった領収証を仕分けして、
要らない物は処分して、時々は書類の整理が必要です。
d0147812_18492354.jpg

山あり谷あり・・・・でも、バレンタインデーのチョコレートだけは
親しい仲にあげて、気持ちは心だと言わんばかりですが
喜んでくれたようです。
また今週も始まります。 「太陽はいつも雲の上に」
明日は晴れますように。。。。
[PR]
by uran2008 | 2016-02-14 18:52 | 花々 | Comments(0)

極楽鳥花  

この花ほどパッと見で「極楽鳥」にそっくりだと分かる花はないでしょう。
ストレリチア 
d0147812_1184955.jpg
d0147812_1185584.jpg

たぶん「花」が先でしょう。 名前はこの花を見てネーミングされたのだと
思いますが、つくづく鳥のトサカに見える花弁です。
室内の日当たりのよい場所を好むそうですが、面白い!

ひっさしぶりに仕事で知り合った友人と積もる話をしてきた昨日。
d0147812_1111373.jpg

抹茶クレープ、私も食べたかった。
最近見つけた和風の食べ処です。
この間は玄米のスパゲッティを食べたら、かなり美味しくて、1袋買って
家で作ってみました。
体重、血圧、心拍数と安定していますが、そろそろ春の健康診断に行かなければ・・・・
[PR]
by uran2008 | 2016-02-13 11:12 | 花々 | Comments(0)

マーガレット

咲き方は平凡ですが、マーガレットのピンクは愛らしい。
d0147812_2022833.jpg

少女・女の子のイメージが強くて、随分若いころに雑誌「マーガレット」をよく買っては
読んでいたものです。 今もまだあるのでしょうか・・・。
今日は日中は暖かく、仕事の報告書を作ってから、文書を作成したりして
昨日のように強い風も吹いていないようなので、花の丘公園へマーガレットや
アゼリアを撮りに行ってきました。

アゼリア
d0147812_2026461.jpg

ツツジ科で、皐月とつつじの掛け合わせのようで、とても綺麗でした。
この花は毒性が強くて、蜜を吸うと昏睡状態に陥ってしまうらしい。
綺麗な花なのに・・・・。
明日は仕事で知り合ったお友達と、久々に再開を果たします。
積もる話を携えて・・・・・
[PR]
by uran2008 | 2016-02-11 20:32 | 花々 | Comments(0)

春は名のみの 風の寒さや

「早春賦」
春は名のみの風の寒さや。
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず。
時にあらずと 声も立てず。

立春を過ぎて、心なしか暗くなるのが遅くなってきたように
思われるのは、私だけではなさそうですが、今日も極寒でした。
昨日は同僚たちとの帰り、真正面に見えた夕焼けはまだ空も明るいうち。
「日が伸びたわね~」と言いながら歩いた。

マンサクの花 
d0147812_19151898.jpg

春にまず咲く  から、マンサクの花 (かなり無理があります・・・)
d0147812_19152457.jpg

黄色いのと、茶色いのがあって、この日は茶色が青い空に生えていました。

福寿草
d0147812_19165157.jpg

この間より一段と大きくなって咲いています。
2月の今時分、藪の中にひときわ黄金に輝くように咲いています。
d0147812_1918045.jpg


花も木も、自然に生えている。
人もまた、自然が一番だ。
[PR]
by uran2008 | 2016-02-10 19:20 | 花々 | Comments(0)