ブログトップ

ラボラ 花尽くし

花を愛する人へ心を込めて


by uran
プロフィールを見る
画像一覧

Anniversary

2012年11月23日は第二の人生の出発点です。
長年住み慣れた東京生活を20年間も、たくさんの人との出会いや付き合いを
継続できないまま、母という一人しかいない親の世話のため、東京生活に区切りをつけて
引き払った年です。
無我夢中で二人の子供たちを、働きながら育てて、たくさん諸先輩にお世話になりながらも
母の事が心配で、一旦は実家の母の面倒のために東京を引き払った年です。
子供たちは上の子20歳、下の子は17歳まで私は親として、同年齢のママ友たちと、
必死で母親業を頑張ってきました。
3歳離れた子供たちは、10年前にはもう、私の目の届く範囲には遠く、自我が芽生える
多感な時期でした、
数年後、二人共学校だけは卒業をしてくれ、ドライな関係でしばしば会うことも出来、
親がおろおろする間もなく、勝手に赤いトマトのように自由に暮らしている、
そんな私に、まさかの出会いがあって、そして10年目を迎える記念日が今日、訪れました。
市内では高級レストランと称されるレストランで、高いモノは性に合わないので、
珈琲と、そのレストランで作っている、かなり美味しいケーキで10年の節目を祝いました。
久しぶりに、ケーキを製造している場所から出来上がったケーキを選んでたべれたから、
それはもう美味しかった!

d0147812_22401055.jpg

子供二人に恵まれ、娘20歳、息子17歳まで、母親として子供を育てられたことは幸せな
ことであり、人生でこんなに楽しい時を与えてくれた子供たちに感謝しかない。
子供を産んだことで親にしてもらったことがこんなにも有難い。
「愛するものは疲れない:」とあるけれど、自分の努力以外にどれだけの人たちの助けを
もらってそだててこれか・・・・
このいあだ、娘が「子供って3歳までに親孝行をしちゃううんだよね~」って言ってた。
何を生意気な! でも、なーるほね・・・・と思うから不思議です。
[PR]
by uran2008 | 2012-11-25 22:49 | 雑記帳 | Comments(0)