人気ブログランキング |

<   2017年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

夏休み最後の日

明日から9月、新学期です。
29日には誕生日プレゼントを職場の子供たちからもらったり、
上の階の若いママさんの実家から、おばぁちゃんが毎年送ってくるという
桃をいただいたり・・・と、何年かぶりに嬉しい日になりました。
その若いママが言うには、「丸の内に職場があって、3月に生まれた赤ちゃんも
半年、そろそろ産休明けでまた職場へ復帰したいが、保育園の空きがなくて
本当に困っている。」と言うことです。
仕事を続けたくても預かってくれる保育園がいっぱい!!
私も気の毒になって、ネットでいろいろ検索してみて、2、3印刷して
持って行ってやりました。
これからまた探す・・・とは言っていたが、ナカナカ月極めの保育園は
空きがないらしい。
大変です。
夏休み最後の日_d0147812_18381394.jpg

明日から学校も始まるので、子供たちも早いお迎えが多かった。
お母さんが看護士のYちゃんは、お母さんの勤務が朝の7時40分ぐらいだから、
夏休み中も7時10分ぐらいに登園していた。
一度だけ、母との別れで大泣きしたことがあったが、いまでは何事もなかったかのように
しっかり、シャンとしてきた。
学校が始まってもきっと大丈夫でしょう。
明日からまた登校時の小学生が、うちのマンションの下を通って行く。
また慌ただしい日々が戻ってきます。
by uran2008 | 2017-08-31 18:43 | 日々の生活 | Comments(0)

誕生花

明日は8月29日で誕生日。
その誕生花は、クローバー。
誕生花_d0147812_220533.jpg

夏休みもあと3日。
毎日 子供たちに「宿題 終わった?」と聞くが、誰か一人は
「あっ まだ一つ残ってるんだっけぇ・・・」と答える子あり。
おいおい 今頃?
そんな 夏の終わりに生まれました。
明日からまた一瞬一瞬 大事に過ごして行こう!
by uran2008 | 2017-08-28 22:05 | 花々 | Comments(0)

御神輿 ワッショイ!

昨日も天候が危ぶまれたが「花火大会」は無事、決行できて良かった。
土日と続けて「夏祭り」を見物してきました。
今日はまずまずの天気で、子供神輿や大人の御神輿がストリートを練り歩いてくれました。
御神輿 ワッショイ!_d0147812_16403065.jpg

「御神輿を担いで、夏休みの良い思い出にしましょう!」というアナウンスが!
どこかで聞いたことがあるなぁ・・・と思ったら、わが子が6年の時に、
「夏休みの思い出になるから地元の人達が、担げ!って言うんだよ・・・」と言って
友達とみんなで担いでいたことを思い出す。
御神輿 ワッショイ!_d0147812_1643339.jpg

なぜ、少し担いで歩くと止まって御神輿を持ちあげて、「ソーリャー!」
みたいなことをするんだろうと思ったら、
神様に元気で守っていただきたいから、街の人々が神輿を揺すったりするらしい。
力を合わせて「担ぐ」
「背負う」ってことが、マイナスなイメージではなくとっても神々しい意味なんだなぁ
大人の御神輿はさすがに力強い!
御神輿 ワッショイ!_d0147812_16451847.jpg

ここは地方都市だが、東京の中野にいた頃の神輿は神田のほうから担ぎ手が
わざわざ来て、それはもう素人が立ち入ることができないような
一種独特の雰囲気で御神輿が延々と担がれた。
子供の頃、おばぁちゃんは、神輿が通る道端に立って、手を合わせて崇拝の念を表していた。
あの金キラした中に「神様」がいるんだなぁ・・・
そんな思いを抱いて育った自分。
もう、一緒にくっついて歩くことはしない、できないが、
日本の伝統ってやっぱり惹かれます。
by uran2008 | 2017-08-27 16:53 | 日々の生活 | Comments(0)

花火大会 

今日は地元のお祭りでした。
花火大会は天候が心配されたが、運よく夕方からの雨の予報が外れて、
夜店も盛んに設営され、早くから花火見物のための場所取りも行われたりして
夏も終盤、それ相応の夏らしい夜でした。
↓ この写真は、今から8年前の2009年のお祭りの夜店と、花火です。
花火大会 _d0147812_20413655.jpg

当時は今のように高いたくさんのマンション群もほとんどない、まだ自然の残る
地元の打ち上げ花火でした。
歩きながらでも夜空にぱぁーーっと咲く打ち上げ花火を、普通に見ることができたというのに
今年は案の定、国道の電気やネオンしか見えませんでした。
花火大会 _d0147812_20545493.jpg

by uran2008 | 2017-08-26 20:57 | 日々の生活 | Comments(0)

サマーコンサート

昨日は地元のショッピングセンターのある駅沿線主催の「サマーコンサート」へ
行って、夏の夜に暑気払いのような、高校生の吹奏楽部によるコンサートを
聴いてきました。
サマーコンサート_d0147812_20124433.jpg

同い年の友達は、遅く結婚してお子さんもまだ18歳。
高校生活最後の部活のコンサートへよく、誘ってくれます。
この日は市内の高校が集まり、部活の日々練習を聴かせてくれました。
どこの学校も本当に、上手でした。
昨日は久々の夏の寝苦しさで、睡眠不足がたたり仕事中は眠くてどうしょうもなかった。
子供たちに昼寝をさせている時に、私もまったり寝てしまいました。
明日は地元の花火大会だそうですが、天気は生憎の模様。
9月の声ももう すぐです。
by uran2008 | 2017-08-25 20:17 | 日々の生活 | Comments(0)

明日決勝 高校野球

今年も明日が決勝の時を迎えた「高校野球」。
ベスト16からずっと、目が離せない試合ばっかりでした。
悔しいけれど自分が応援する学校は勝っていないので、明日はどっち勝っても
いいやー・・と少々 投げやり。(仕事場では見られないので)
仙台育英が9回裏で、大阪桐蔭に勝てた、あのファーストの守備ミス。
泣いても取り返しできなかったけど、準決勝で広陵に敗退するや
やっぱり勝っても負けても高校野球の面白さは特別です。
今日はまたまたまた、ミニバラが開花しました。
明日決勝 高校野球_d0147812_17505574.jpg

近くのケーキ屋さんのムクゲも元気に咲いていたし、
明日決勝 高校野球_d0147812_17513036.jpg

キバナコスモスの秋を感じさせる橙色
明日決勝 高校野球_d0147812_17521615.jpg

夏の日差しはいつ来るのでしょうか???
夏場が来る前に買っておいた「UVカット」の化粧品は
まだ1回しか使っていないまま、タンスの上に放りっぱなし!
明日で高校野球も終わりかぁ・・・・
by uran2008 | 2017-08-22 17:54 | 日々の生活 | Comments(0)
私の部屋の真横には、不老長寿の若返りの木と称される「ネズミモチ」が
緑豊かな葉っぱを茂らせて伸び伸びと生えている。
ネズミモチは、「女貞子」と別名があり、実がネズミの糞に似ていることから名付けられたと
書いてあったけど、困るなぁ・・・そーんなに汚らしい色でもないし、しかも
匂いも無い。
でもこの木は常に常に、私がパソコンに向かうポジションから見ることができて、
爽やかに緑のカーテンになってくれている。
不老長寿の木 ネズミモチ_d0147812_16225819.jpg

不老長寿の木 ネズミモチ_d0147812_1623748.jpg

この木、若返りの木と言われ、この実が五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)に
とても好いそうです。
不老長寿の木 ネズミモチ_d0147812_163233.jpg

さらに、通販で木が売られてもいるらしく、お茶にしたり胃潰瘍などはこの
エキスで治ってしまうとも書かれています。
そんな貴重な木がマンションの中庭に、私の部屋の真横に聳えているなんて?!
ありがたや・・・
朝 起きて深呼吸をこの繁みに向かってする日課です。
今朝は2階の生後8か月の赤ちゃんが泣いていました。
かわいい声で心地よく聴きました。
不老長寿の木 ネズミモチ_d0147812_16372511.jpg

by uran2008 | 2017-08-20 16:31 | 自然 | Comments(0)

青田

夏休みも佳境に入る8月の20日前後はもう、蝉の鳴き声とカンカン照りの太平洋高気圧で
体もグッタリでかき氷を食べたり、麦茶飲んで冷房をガンガンかけて・・・・
例年はそんな時期です。
今年はいいのか冷夏で困るのか?
さっぱり太陽にお目にかかれない毎日です。
この間行った佐倉の「青田」、まだ稲の苗が生育していない青々とした田園風景に
まったり癒されてきました。
青田_d0147812_1527472.jpg

ずうずーーっと、緑 緑 緑 の稲田!
青田_d0147812_15283914.jpg

地元の方曰く、この稲田はあぜ道というものが無く、これだけの広い耕地が一つ分だとか。
すごい!
この日は生憎の天気で暗かったが、きっと晴れた日などは
秋の風景の中でもベスト3に入るぐらい、青田の素晴らしさが見られたことでしょう。
稲はこれから生育していく。
そして秋の収穫までに黄金色に変わる。
桜の木々は、この青田を囲むように連なり、五穀豊穣を祈りながら実りの秋を
坦々と待つのある。
by uran2008 | 2017-08-19 15:35 | 自然 | Comments(0)

宿根バーベナミータン

この舌を噛みそうな名前の「宿根バーベナミータン」という小さい花!
日日草を一回り小さくしたような。。。。赤と白の模様は着物の小紋の感じで、
母が若い頃に着ていた着物の柄にそっくりです。
その着物を小紋と言って、私のお正月用の羽織りと着物に仕立て直してくれて
着ていたことを思い出す。
宿根バーベナミータン_d0147812_15554748.jpg

今日は本当に久しぶりの太陽の明るさを感じた日でした。
お昼過ぎには暑いというより、暖かい日差しが差し込みました。
室内に居ても冷房をかけることなく過ごせました。
暑くて暑くて体力も無くなり、食欲がなくなってしまう暑さより
過ごし易いほうがいいのかなぁと思うけど、蝉の鳴き声が聴こえない夏は
やっぱり寂しい。
蝉は蝉の仕事がある!
たくさん鳴いて自分の存在感を示してくれないと。
一週間の命を懸命に鳴きながら、あの小さい命を全うすれば
それで仕事も果たせるというものです。
今日またミニバラの蕾から花が咲きました。
宿根バーベナミータン_d0147812_1615391.jpg

私も今日は将棋で小学生に勝つことが出来て、ほんとーーーーに嬉しいのですが・・・
by uran2008 | 2017-08-17 16:02 | 花々 | Comments(0)

ランタナの花序 

昨日の風車の傍に咲く、「ランタナ」
久しぶりに沢山咲いているのを見ました。
ランタナは「七変化」という和名を持っているそうですが、花序が特徴的です。
花序とは、花の配列状態のことを言い、花は種によって一定の配列があるということが基本。
みなそれぞれの花ビラの配列が素晴らしいが、このランタナもまた、
花火のように色彩が豊富で、規則的に色とりどりに模様が配列されている花も珍しいです。
ランタナの花序 _d0147812_16103265.jpg

現代的なピンク色、黄色、赤色が鮮やかにデザインされている。
可愛いし、以前から不思議に感じていた花ですが、花序に特徴があったなんて?!
「七変化」と別名があるのも頷けます。
昨日は麦わらトンボも居たし、秋桜まで咲いていました。
ランタナの花序 _d0147812_16132131.jpg

そして、シーズン毎に行われるフラワーフェスタの耕地は、真緑の稲田が
あぜ道の無い水田で知られる場所に延々と広がっていました。
ここへやって来ると雄大、悠然な気持ちになれます。
お盆休みは明日で終わり、明後日は早く子供たちに会いたいなぁ
by uran2008 | 2017-08-14 16:16 | 花々 | Comments(0)